わらしげちょうじゃの日記

人生笑顔の分だけ成功する

*

【ビジネスモデル】小学生でもわかるペニーオークションの問題点!

   


グラビアアイドルのほしのあきさんが落札してもいない空気清浄機を「ペニオクで空気清浄機を1080円で落札したよ!めっちゃお得!」みたいな記事を書いた問題、それを改めて書いていきたいと思います。

問題はこの記事から。

ほしのあき(35)さんがワールドオークションへのリンクを張った記事

記事魚拓


この記事の結果下記のような事態になりました。
=======================================================

 インターネットのペニーオークションサイトの運営者らが商品を落札できない仕組みにして、参加者から入札手数料を詐取したとされる事件で、バラエティー番組などに出演する人気女性タレント(35)が自身のブログに、このサイトで商品を落札したと紹介していたことがわかった。

タレント側は京都、大阪両府警に対し「落札はうそで、知人から30万円をもらってブログに載せた」と説明。

 問題のサイトは「ワールドオークション」。運営していた大阪市のネット関連会社社長・鈴木隆介容疑者(30)ら4人が詐欺容疑で両府警に逮捕されている。


 捜査関係者らによると、タレントが紹介していたのは2010年12月27日のブログ。「オークションでゲット」とのタイトルで、商品に顔を寄せてほほ笑む写真を載せ、「空気清浄機が欲しかったので、お友達から教えてもらったワールドオークションってサイトでお買いものしてみたよ」と記していた。

 このため、両府警がタレントの所属事務所を通じ、タレントに落札の経緯などについて事情を聞いた結果、「知人から『サイトの運営者から30万円をもらえる。アルバイトをしないか』と誘われた。サイトは利用していない」と話した。商品は知人を通じて届けられ、ブログの文章も知人に指定された趣旨の内容を書き込んだという。

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20121212-OYO1T00253.htm

=======================================================

これに対し、リアル、ネット問わず大きな話題を呼びました。
これについて様々な意見があったので、それについては後述します。

まずはそもそもペニーオークションとは何かということを小学生でもわかるレベル(を目標)で書いていきます。

一言で言うと「激安で買えるかもオークション」のことです。

「そんなオークション知らないよ!」という人もいるかもしれませんが、2~3年前に「なんとiPadが199円!PSPも200円!」のような広告が多くのウェブ上で乱立していましたので多くの人は見たことはあると思います。

「iPadって5万円はするだろ…マジか!めっちゃお得やん!」と思わせるのがこのビジネスモデルで、もちろん定価5万円のiPadを199円で売ったら大赤字です。

ここでペニオクのからくりが起きます。
それをWikipediaではこう書いてあります。

=======================================================ペニーオークション(英: penny auction)あるいは入札手数料オークション(英: bidding fee auction)は、毎回の入札毎に手数料が必要になる形式のインターネットオークションである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

=======================================================

これを見て「ん?何がおかしいの?」と思う人がいるかもしれませんので、説明します。

まずは【iPad199円】という文字も見て何を思いましたか?どんな人でも「すげえお得じゃん!転売しても3万円以上で売れるからぼろ儲けやでw」と思うでしょう。しかし、それを思っている人は貴方だけではありあません。皆、「すげえお得じゃん!転売しても3万円以上で売れるからぼろ儲けやでw」と思っています。つまり、ここからオークションが始まります。例えば貴方がiPadを200円で入札したら、他の人は201円で入札し、また貴方が202円で入札する………を繰り返します。このままだとただのオークションですが、ペニーオークションは入札の度に手数料を入札者からとっています。この手数料というのは多くの場合75円ぐらいが相場と言われています。

つまりもし貴方がiPad200円を入札した時の金額は【iPad200円+手数料75円=275円】となります。それに対し、他の人が入札すると、これまたてがかかってくるので【iPad201円+手数料75円=276円】となります。それに貴方がまた対抗し再び入札した場合【iPad202円+手数料75円+手数料75円=352円】になります。入札手数料は入札する度に必要になりますので、2回入札したら、2回払わなくてはなりません。


もしそのオークションに勝利し、貴方が格安の値段、iPadを1000円で落札したとしましょう。199円で落札出来なかったけれど、安いことには変わりありません。

しかし、この落札のために100回入札したとしたら手数料が7500円かかることになります!つまりこの場合は実質8500円です。

ここまでは何も問題ないのですが、問題はここから。

商品を落札した人の影には商品を落札出来なかった人が必ずいます。その人はおよよと涙を流すかもしれませんが、それで終わるならまだ優しい。ってかそれだと普通のオークションと同じですね(笑)

しかし、もちろん落札出来なかった人も入札は繰り返し行っていたので、当然、入札手数料がかかります。先ほどは100回で落札!と書きましたがその影では99回入札して落札出来なかった人がいるのです。となると、その人の入札手数料は75×99=7425円となります。

しかし、ペニーオークションでは「落札出来なかった人の手数料も戻らない」のです。75円は落札手数料ではなく、あくまで入札手数料だからです。つまり、落札出来なかった人はiPadも手に入れられなく、7425円失うという踏んだり蹴ったりの状態になるのです。こんな状態になったら涙を流すどころではなく、鼻血も吹き出ますわw

商品も手に入れられなく、多額の手数料を支払う可能性もある、これがペニーオークションの内容です。ここまででかなりグレーな感じがしますが、お金を入札者している人が小学校で習う足し算と掛け算ができれば、合計金額を知ることが出来ますし、そもそも利用者からお金を騙し取ってはいません。利用者も同意の上で入札者手数料を支払っているのです。

ここまで読んで「なんかグレーな感じもあるけれど、普通のギャンブルと同じようなもんじゃん。パチンコも勝つか負けるかわからないし。なんでこれで逮捕されるの?」という人と、「ん?この方法だと完全に犯罪になる可能性があるな」という人に別れます。

貴方はどちらですか?


後者の考え方をしている人は非常に想像力と論理的思考能力を持っているのでしょう。ちなみに私は前者ですwなにが犯罪なのかわからんかったw

では何故ペニーオークションが犯罪になり得るのか。

実はこのペニーオークション、iPadなどの商品がなくても成立するのです。
どういうことかというとiPad199円に対して貴方と運営者側のサクラが入札すれば良いのです。サクラが入札すると最終的には100%、貴方は負けます。何故ならサクラは無限に入札できるからです。普通の入札者なら定価を超えたところで、入札を辞めますが、サクラと運営者とは同じなので、お金を支払う必要も商品を受け取る必要もありません。それに対し、サクラと入札戦争を繰り返した結果、落札出来なかった貴方も手数料を支払わなければなりません。その手数料が悪徳ペニーオークション運営会社の利益になるのです。悪徳ペニーオークション運営者はサクラによって他の人が100%落札出来ないので、商品を用意する必要はありません。それをまるで落札出来るかのように宣伝した部分が詐欺で問われたのです。
さらにその100%落札出来ない商品をまるで格安で落札したかのようにウソを言ったのがほしのあき事件なのです。

ただ、ペニーオークション自体は全く違法ではありません。


だけど私はペニオクは勧めませんね。
落札出来ない場合も手数料を払わなくてはいけないとか、最初に入札手数料をポイントとして買ってそれを使わせ、お金を払っている感覚を弱めたり、どれがサクラかわからないような不明瞭は運営システムは相当グレーだとしても違法ではありません。
だke
ただ、面白いシステムだとは思いますし、何か他のビジネスモデルを思いつく、萌芽にはなり得ると思います。

明日は芸能人のブログによるステマについて、私なりの見解を書いていきたいと思います。
今回はもうすでに広まっているペニオクのシステムについてだったので、
もうすでに知っている人にとってはつまらなかったかもですねw
では!

 - Business Model ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

  関連記事

medium_2462457722
「若者は海外就職せよ!」と言う人を私が眉をひそめて見ている理由(1)

私がベトナムに来てからはや7ヶ月が経とうとしています。 ベトナムにいるからだと思 …

url
タイNo1大富豪と风险投资(ふうけんとうし)から見る経営戦略論

最近、筋トレにハマりつつあるシゲです! さて上半身は鍛えられるのですが、下半身は …

no image
【ビジネスモデル】じゃらん戦争から見るホテル業界のダメダメな点とその未来

皆さんは旅行する時、どのような手順で予約しているでしょうか? というこの質問に答 …

スクリーンショット 2014-02-07 1.23.27
5年後に私達が住むバーチャル世界とは?Oculus Riftすげ〜って話

【ホーチミンで見かけるアジア人がどこの国の人か推理するのにハマっているシゲより】 …